logo
Home

ウインド 映画

ALL RIGHTS RESERVE ネイティブアメリカンの先住民の生活や環境について、アメリカ国内でも、あまり知られていません。 本作の監督、テイラー・シェリダンも「ウィンド・リバーで、異常にレイプ事件や女性の行方不明者が多い」という記事を読み、現地でネイティブアメリカンの信頼を得て、協力してもらいながら取材を重ねました。 テイラー・シェリダンは「この作品は成功しようが失敗しようが作らなければならなかった映画だ」と語っています。 また、雪山での撮影は過酷で、カメラを乗せる台車や、カメラを安定させる装置などは使用できず、手持ちカメラでの撮影しか方法がありませんでした。 手持ちカメラは見苦しくなる可能性があり、テイラー・シェリダンは「リスキーなアイデアだった」と語っています。 確かに手振れが気になるシーンはありましたが、それが逆にこの作品にリアリティを与えていたと思います。 特にナタリーの死体をコリーが発見するシーンは、死体の様子を手持ちカメラで撮影している為、何とも言えない不安な感覚から、息苦しさを感じました。 テイラー・シェリダンは「物語が映しだすものが社会に反映され、何らかの変化を起こすこと」を願いながら本作を制作しました。 テイラー・シェリダンの熱意が込められた本作は、第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門にて監督賞に輝きました。 また当初は、全米4館の限定公開でしたが、口コミで話題が広がり公開4週目には館へと拡大され、6週連続トップテン入りを記録、「アメリカ人の観客の共感を得られるとは思っていなかった」テイラー・シェリダンは「共感を得られた事がありがたかった」と語っています。. これは、事実に基づく物語である・・・。アメリカのワイオミング州北部にある、インディアン保留地。深い雪に覆われた真冬の季節に、若い女性の死体が発見されます。暴行を受けレイプされた上で殺されたと思われる状況に、保留地の警官はFBIに捜査を依頼。しかしやって来たのは、若くてまだ経験も浅そうな、そして保留地の自然環境にも不慣れな女性捜査官・ジェーン1人だけでした。 自身は白人ながら、保留地出身の妻を持ち、保留地で家畜を襲う野生動物を狩るハンターをしているコリーは、ジェーンから捜査の協力を依頼されます。ジェーンも自力で捜査を進めますが、地元の監察医や殺された女性・ナタリーの父親と上手くソリが合いません。逆にコリーは、被害者の父親とも知人らしく、保留地の一員として馴染んでいるのがわかります。. ウインド 映画 ウインド・リバーの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。アメリカの辺境を舞台に現代社会が抱える問題や現実をあぶりだし. 『謎の遺体』を発端として物語が展開するものの. サスペンスやスリラーでは「実話に基づく. ALL RIGHTS ウインド 映画 RESERVE 本作では、ナタリー殺害の真相を、3人の捜査官が追っていきます。 ウインド 映画 部族警察長のベン、FBIの新人女性捜査官ジェーン、野生生物局ハンターのコリー。 中でもコリーは、時にはナタリーを失った父親のマーティンの良き友人となり、時にはナタリーの兄に父親のように接しており、保留地の人々の支えとなっています。 ですが物語の途中で、ナタリーの兄の「あんたは、ここの人間じゃないだろ?」という言葉から、コリー自身も余所者である事が分かります。 ここで興味深いのがコリーの風貌、テンガロンハットを被り、常に無愛想な表情を浮かべ、カウボーイのような印象を受けます。 監督のテイラー・シェリダンは、コリーを「おしゃべりなカウボーイ」と表現しています。 カウボーイと言えば、西部劇に登場しインディアンと戦う印象が強いですが、カウボーイ風のコリーは、先住民族の支えになろうとしているのです。 本作を西部劇と比較する人は多いですが、コリーは土地を奪うのではなく、逆に守り続ける保留地の光となるカウボーイという印象を受けます。 これは、かつて先住民族を悪者として描き、先住民族を倒していくカウボーイや騎兵隊を、ヒーローとして描いていた西部劇への、アンチテーゼにも感じます。. Wind River(ウインド・リバー / ) / 主演 ジェーン・バナー 役 4.

FBI ジェーン・バナー捜査官(エリザベス・オルセン). 映画 ウインド・リバー ウインド 映画 のネタバレ感想. 事件は解決しても被害者家族の心は救われない。 悲しい映画です。 悲しい映画ですが、ブログの冒頭でも述べたように実話に基づいたアメリカ合衆国の闇の部分を赤裸々に炙り出した作品です。 性被害にあって、失踪事件に巻き込まれ、命を失ったとしてもネイティブアメリカン女性は統計調査にも載らず、未解決事件が多く残されている。 映画ではFBIに協力的ではないBIAとして描かれるが、それは感情的問題、制度上の制約、歴史的背景のいずれかが関係しているのでしょう。 感情、制度、歴史的な原因が何対何の割合でそうなっているのかは分かりませんが。.

ジェーンとコリーは、地元で「問題児」とされている札付きのチンピラ兄弟を訪ね、抵抗されますが彼らは事件と無関係でした。しかしコリーは、山中へと続くスノーモービルの跡を発見します。ジェーンと共にその跡を追うと、新たな死体が発見されました。それは、地元にある採掘所の警備員をしていた白人男性・マットの死体で、マットは殺されたナタリーの恋人でした。 ジェーンは、コリーの娘がナタリーと友人で、しかも数年前に死んだことを知ります。娘の死がきっかけで、コリーは妻とも別居していました。コリーが妻と、久し振りに「2人だけのデート」をしようと出かけている間に、両親不在を聞きつけた町の若者たちが家に集まり、パーティーが開かれ。その後、娘は家の外で凍死していたのです。 コリーの娘の死体は、発見された時にはすでにコヨーテに食いちぎられ、解剖してもまともに検死が出来ない状態で、「なぜ真冬の夜中に外へ出て、そのまま凍死したのか」はわからず仕舞いでした。そして、最初に娘の姿が見えないとコリーに連絡してきたのが、今回の事件で殺されたナタリーだったのです。. という社会問題を基に制作されたもの。つまり『実際の事件に. なぜ、この土地(ウインド・リバー)では少女ばかりが殺されるのか―― 第70回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した衝撃のクライム・サスペンス! .

Godzilla(GODZILLA ゴジラ・) / エル・ブロディ. Avengers: Endgame(アベンジャーズ/エンドゲーム ・) / クリント・バートン(ホークアイ) 役 4. 「ウインド・リバー」シネマート新宿にて。年8月3日(金)午後2時25分より鑑賞(スクリーン1/E-12)。 ~少女怪死事件をめぐる緊迫の捜査から見えるアメリカの闇 辺境地帯には様々な闇がある。それを映画の中で暴き出してきた脚本家がテイラー・シェリダンだ。 年に製作された. 映画【ウインド・リバー】あらすじ ネイティブアメリカンの土地であるウインド・リバーで、少女の遺体を発見した地元のハンターコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)は、 殺人事件の可能性があるため、派遣されてきたfbi捜査官ジェーン・バナー. の脚本を書いたテイラー・シェリダンの初監督作であり、予告編を観たらなかなか僕好みの「ハードっぽいムード」が漂っていたので、前売り. 生年月日 1971年1月7日 3. ALL RIGHTS RESERVE 本作『ウインド・リバー』は、ネイティブアメリカンの保留地「ウインド・リバー」で発生した、殺人事件を中心に物語が進んでいきます。 作品の舞台となる、ネイティブアメリカンの保留地とは、かつてネイティブアメリカンが生活していた農業に最適の土地を、大陸から来た白人達が占領しました。 当時のジャクソン大統領が、1830年に制定した「インディアン強制移住法」で、ネイティブアメリカンは、政府が用意した保留地へ強制移住させられ、「ウインド・リバー」はロッキー山脈の隣に位置し、冬は雪に閉ざされる辺境の地となります。 この一連の出来事で、白人社会とネイティブ・アメリカン社会の間に、修復不可能とも言える溝ができ「アメリカ最大の失敗」とも語られています。 作品内でFBI捜査官のジェーンを「ウインド・リバー」の住人が毛嫌いしていたり、アメリカの国旗を逆さにしているシーンがありますが、これは歴史的な理由から、白人への敵意を表現しています。. 出身地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 4.

Avengers: Endgame(アベンジャーズ/エンドゲーム ・) / ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ) 役 4. 本当にクソ重い経験をした人間にしか理解できない、悲しくも強い意志は非常に共感できました。 ホント、何事においても痛みから逃げてちゃ良い結果にはならんのよね。今はなにかにつけて『嫌なら逃げりゃいい』というご時世ですので、彼のセリフに「知ったふうな口きくな!余計なお世話だ!」と不快感を感じる人もいるとは思いますが. 年4月29日(木・祝)公開 映画『ブラック・ウィドウ』公式サイト。スカーレット・ヨハンソン主演。「アベンジャーズ/エンドゲーム」で衝撃的な展開を迎えた、超一流の暗殺者ブラック・ウィドウこと、ナターシャ・ロマノフ。. (C) WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. 70点 ※本作については、映画評論家の 町山智浩さんの「たまむすび」での紹介 を読むと良いです。 Blu-rayを買うほど愛している 「ボーダーライン」.

7月27日公開予定の『ウインド・リバー』。ネーティブアメリカンの保留地が抱えるアメリカの闇を描き出したクライムサスペンス映画だ(東洋. See full list on r-h-web. See full list on hm-hm. 』という事ですな。 しかし映画で描かれたような事件は多数発生していますし、それ以上に残酷な内容の犯罪も多発しています。十分に『事実に基づく』と言えるでしょう。 うーむ、話が固いですな。キャストの話に移りましょう。 主演はジェレミー・レナー。 めちゃイケメン. ナタリーが死んだ、その夜。仲間の警備員が遊びに行っている間に、マットはトレーラーにナタリーを呼んでいました。2人で愛し合ったところに、警備員たちが予定外に早く戻ってきます。酒に酔い、閉鎖された地で欲求不満になっていた警備員は、ナタリーをからかい、手を出し始めます。怒ったマットに、数人がかりで襲いかかる警備員たち。殴られるマットの「今のうちに逃げろ」という視線を感じ、ナタリーは裸足で逃げだしたのでした。 採掘場から逃げ出したのは、マットが殴られている間に、ナタリーをレイプした張本人でした。コリーはその男を追い詰めると気を失わせ、履いていたクツを脱がすと、雪山の山頂に連れて行きます。目を覚ました男を、そのまま解放するコリー。「ナタリーのように、裸足で逃げてみろ」と言い放ちますが、数10メートル走ったところで、男は息耐えました。 町に戻ったコリーは、入院しているジェーンを見舞いに行きます。採掘場から逃げた男は、そのまま山中で行方知れずということで処理されていました。コリーから、ナタリーの死体は採掘場から10キロ以上離れていたと聞き、ジェーンは改めてナタリーの勇気に感動するのでした。. See full list on miyakawa. 映画『ウインド・リバー』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。原題:Wind River 製作国:アメリカ(年)日本公開日:年7月27日 監督:テイラー・シェリダン.

ウインド 映画 映画『ウインド・リバー』は年にアメリカ合衆国で公開されたスリラー映画です。 この作品は世界三大国際映画祭であるカンヌ国際映画祭にて「ある視点」部門にてテイラー・シェリダン監督が監督賞を受賞して. ALL RIGHTS RESERVE ここまで読んでいただけると、アメリカの問題を描いた、重苦しい難解な作品と感じる方もいるかもしれませんが、本作はエンターテイメント映画として完成度が高いです。 テイラー・シェリダンは「誰も、わざわざお金を払って説教くさい映画を見たくはない」と考えており、「観客を楽しませる事が真っ先に来なければならない」と語っています。 特に、人物描写が優れていたと思います。 新人FBI捜査官のジェーンは、何も知らないまま薄着で事件現場に到着した所から、次第に「ウィンド・リバー」の闇に気付き、全力で事件の真相に挑むようになります。 部族警察長ベンは、FBIが寄越したのが新人女性捜査官のジェーン1人である事と、あきらかにジェーンが雪山を甘く見ていた事から、当初は呆れた様子を見せます。 ですが、ナタリーの死を安直に自然死と扱わずに、事件の真相を解明しようとするジェーンの熱心さから、ジェーンをサポートしながら、捜査を続けて行きます。. 私は時代遅れの昭和人間ですから。 本当はココで締めに『エリザベス・オルセン、生尻シーンのスクリーンショット』でも貼って和やかな雰囲気で終わらせようと思ったのですが、大人の事情でやめました。そいういうところも厳しいご時世ですので. Mission: Impossible – Rogue Nation(ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション・) / ウィリアム・ブラント 役. ALL RIGHTS RESERVE 【公開】 年(アメリカ映画) 【原題】 Wind River ウインド 映画 【監督】 テイラー・シェリダン 【キャスト】 ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン、ジョン・バーンサル、ジル・バーミンガム、ケルシー・アスビル、グレアム・グリーン、ジュリア・ジョーンズ、テオ・ブリオネス、タントゥー・カーディナル、エリック・ラング、トカラ・クリフォード、マーティン・センスマイヤー、オースティン・グラント、イアン・ボーエン、ヒュー・ディロン、マシュー・デル・ネグロ、ジェームズ・ジョーダン 【作品概要】 ワイオミング州、ネイティブアメリカンの保留地「ウインド・リバー」。 雪山で発見された少女ナタリーの死体、第一発見者で野生生物局に勤めるハンターのコリーは、部族警察長ベンの要請で、新人FBI捜査官のジェーンと共に、犯人の捜索を開始。 果たして犯人は誰なのか?そして事件に隠されたアメリカの闇とは? 主演は『アベンジャーズ』シリーズのホーク・アイ役などで知られるジェレミー・レナー、監督は『ボーダーライン』()『最後の追跡』()の脚本を担当したテイラー・シェリダン。. 主な映画出演作品 4. 偶然、死体発見現場に最も近い地域にいたため、初動捜査に駆けつけた新人FBI捜査官ジェーン・バナー。 1. ALL RIGHTS RESERVE ネイティブ・アメリカンは、辺境の地に強制的に移住させられただけでなく、白人との同化政策により、独自の文化を破壊された上、貧しい生活を送る人が増えるようになります。 現在でも、自分の生活に希望を持てず、アルコールやドラッグなどに依存する人が多く、犯罪が多発し社会問題となっています。 保留地は連邦政府の土地となっており、事件が発生しても州警察や市警察は動かず、事件に介入するのはFBIのみとなります。 その為、作中でも登場した独自の警察組織、部族警察が組織されています。 また、事件として扱われなければ、死亡者数も行方不明者数も調査されないという実態があり、数多くの事件が発生しているにも関わらず、失踪者、死亡者数の人数が解明されていません。 本作のラストで表示されるテロップ「数ある失踪者の統計にネーティブアメリカンの女性のデータは存在しない。実際の失踪者の人数は不明である。」は、こういった社会的な背景が原因となっています。 作中で、一度自然死になりかけたナタリーの死因を、暴行を受けた際の傷跡からからジェーンが、必死で殺人事件として扱おうとしたのはこの為です。 保留地では、レイプは犯罪として立証されない為、ジェーン達は他の管轄に渡さないように、極秘で捜査を進めていました。 『ウインド・リバー』が扱っているテーマは、この無法地帯と化した保留地の闇の部分となります。.

. 本日ご紹介する映画はアメリカ社会の闇を描いた話題作 「ウインド・リバー」です。 もうめっちゃ良い映画でした、静かで淡々としているんですけどね、なんか画面から目が離せない!. 映画『ウインド・リバー』の舞台となるワイオミング州ウインド・リバーは、インディアン保留地という設定です。 多くの人が知るように、インディアンはコロンブスがアメリカを発見するよりも前から住んでいた人たちであり、正しくはネイティヴ. 戯言を並べるには困難な作品ですが、個人的には『傑作映画』の棚に入れても良いと思える素晴らしい作品でした。 コリーは語り始めるとちょっと話が長いものの. Avengers: Infinity War(アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー・)/ ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ) 役 4.

ナタリーの死体は、民家から遠く離れた森の奥で、裸足で発見されました。レイプされ逃げ出し、深い雪の中を裸足で逃げ回ったことで、酷い凍傷を負った遺体の足や腕を見て、コリーは犯人を絶対に許さないと、ナタリーの父親に誓っていました。そしてジェーンは地元の警察官と共に、マットが警備を勤めていた採掘場へと向かいます。 雪に覆われ冬場は閉鎖されている採掘場は、警備員だけが駐在している状態でしたが、警備員たちは明らかにジェーンたちの訪問を警戒していました。その頃コリーは単独で、マットが発見された場所からスノーモービルの跡を追っていましたが、それが採掘場付近まで延びていることに気付きます。マットを殺した犯人が採掘場にいると察したコリーは、ジェーンたちに警告するため採掘場へ急ぎます。 ジェーンが、マットが生活していたトレーラーに近づき、同居人に事情を聞こうとした時、中からいきなり発砲されます。防弾チョッキを着ていたものの、弾着の衝撃で倒れこむジェーン。警官隊と警備員との間で、激しい銃撃戦が始まります。ジェーンが追い詰められそうになった時、コリーが到着、警備員たちを射殺します。最後に残った1人が逃げだした先を、コリーは追いかけ始めます。. 『ウインド・リバー』(Wind River)は、年にアメリカ合衆国で公開されたスリラー映画である。監督・脚本はテイラー・シェリダン、主演はジェレミー・レナーとエリザベス・オルセンが務めた。なお、本作はシェリダンの監督デビュー作でもある。. Wind River(ウインド・リバー / ) / 主演 コリー・ランバート 役 4. Jeremy Renner(ジェレミー・レナー) 2. 主演はジェレミー・レナーとエリザベス・オルセンが演じていました。 ジェレミー・レナーが演じるのは野生生物局の白人ハンター、コリー・ランバートですが、映像に映る時間が少ない。 しかし、彼の存在がなくてはこの映画は成り立たない。 被害者の第一発見者であり、自分の娘は被害者の親友だったという立ち位置。 このコリー・ランバートのポジションはコリーの行動原理を表す上で非常に重要な設定でした。 そして、エリザベス・オルセンが演じた、FBIの新人捜査官ジェーン・バナー。 たまたま現場の近くにいたために初動捜査に呼ばれた頼りない若い捜査官。 彼女は土地勘もなく、ウインド・リバー居留地ではほぼほぼ権限を持たない。 そんな状況でFBIジェーン捜査官はコリーに捜査協力を求めます。 では、コリーとジェーン捜査官が2人で共に行動するのか?と、いうとそういうシーンは意外と少ない。 ただ、ジェーン捜査官が向かう先には必ずコリーが現れます。 つかず離れずの2人だが、頭の中の目指すところは『事件解決』というところでつながっている。 結果、手段は違っても共に事件解決に貢献し合うことができたのでしょう。 2人の芝居は. 」という作品は多いものの、その意味合いは作品によって様々。 こういうキャッチが入ると「ええー!こんなに残酷な事件があったの!?」と、細かい設定や状況まで全てが事実に沿って作られていると思いこむ方も多いようで. See full list on cinemarche.

『ウインド・リバー』で、ジェレミー・レナーが使っていたライフルは何という銃ですか?オオカミやピューマを撃つために使っていて、人間の上半身に当たると体が一回転していました。レバ ー・アクションだったと思います。パンフ売り切れで、頼みの『映画秘宝』にも解説がなく. Captain America: Civil War(シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ・)/ クリント・バートン(ホークアイ) 役 4. 。. 映画ウインドリバーが気になった方は31日間無料視聴ができるU-NEXTがおすすめです。 なぜか というと14万本の無料作品を31日間無料で楽しむことが出来るうえ、仮に31日間で解約しても手数料は一切かからない為安心して試して試してみる事ができます。. 『最後の追跡』などの脚本を手掛けてきたテイラー・シェリダンが監督と脚本を務めたサスペンス。ある事件を調べる女性fbi捜査官と地元の. 野生生物局のハンター コリー・ランバート(ジェレミー・レナー). とは言えないものの、その雰囲気と表情が魅力的。地道にキャリアを積み重ねてきた実力派俳優です。個人的にはアベンジャーズのホークアイよりも『映画/ハート・ロッカー』の印象が強いですな。 そして来ましたよ!さぁ道を開けなさい!我らがエリザベス・オルセン様のお通りですぞ! ウインド 映画 彼女のことを書くとすぐに「胸の谷間」や「おっぱい」に話がそれてしまいますが、歳を経てますます演技力にも磨きがかかっております。 そういうところに目が行く前からずっと好きな女優ではあるものの、いったん『エリザベス・オルセン=おっぱいパワー100』と認識してしまうと画面に出るたびに気になって気になって.

・・・といった内容の作品。. ウインド・リバー()の映画情報。評価レビュー 1964件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ジェレミー・レナー 他。『最後の追跡』などの脚本を手掛けてきたテイラー・シェリダンが監督と脚本を務めたサスペンス。ある事件を調べる女性FBI捜査官と地元のハンターが、思わぬ. この映画本当に面白いですよ。 途中間延びすることもなく、 いっきに最後まで観てしまったんです。 映画の始まりは、夜中に一人の少女が雪深い原野を、 ただひたすら駆けているんです。. 映画『ウインド・リバー』では、実在するウインド・リバー・インディアン居留地(保留地)が舞台となります。 居留地とは、アメリカ合衆国内務省BIA(インディアン管理局)の管理下にある、インディアン(アメリカ州の先住民族)部族の領有する土地のことを示します。 居留地は自治権が国家並みに強く、FBI(連邦捜査局)の捜査も入りにくい土地です。 なお、ウインド・リバー居留地は9,000km2の面積を優に超えており、私の地元石川県の2倍の広さを超えています(居留地の中では7番目の広さ)。. と再鑑賞してみたものの、むしろ初見では気付けなかった奥深さに気づいてしまい、なおさら書けなくなる始末。 単純な謎解きサスペンスを期待して鑑賞してしまうと『淡々としていて盛り上がりに欠ける映画』と感じるかもしれませんが、個人的には非常に秀逸な映画でした。戯言が書けぬほどに。 なんと言いますか. 『ウインド・リバー』()は、ネイティブアメリカンの保留地で起こった殺人事件を追ったサスペンス映画です。 全米4館の限定公開でスタートした本作は、snsや口コミで広まり公開4週目には館へ. Elizabeth Olsen(エリザベス・オルセン) 2. 生年月日 1989年2月16日 3.

ウインド・リバー 7/27(金)より角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー 第70回カンヌ国際映画祭<ある視点部門>監督賞. 。. 空気感が良いんですよね。決して清々しい気分になるような内容ではなく、切なく、重く、苦しい作品なのですが. Captain America: Civil War(シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ・)/ ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ) 役 4.

本作は単純なスリラーではなく、その本質は『親子愛』『白人と先住民』『若い捜査官の成長』などを描くヒューマンドラマ。 それゆえに肝心の『ナタリーはなぜあんな死に方を!?犯人は誰!?』の部分に関しては、それはもう火曜サスペンスばりの完全再現VTRで犯行を再現してくれます(笑) しかし監督が本当に表現したいのは事件そのものではなく、そこにある背景。ネイティブ・アメリカンに対して根強く残る差別的な扱いと、それによって発生している居留地での犯罪、そしてさらに多発する事件と本気で向き合おうとしないアメリカ社会の闇。めちゃくちゃ大胆かつ真面目に切り込んできている作品なわけです。 そんな内容なわけですから、ここで『エリザベス・オルセンは厚着しててもぶるんぶるん揺れるんだね』とか言える雰囲気ではありませんし、『ナタリー(被害者)はめっちゃセクシーな勝負パンツ(紫)だったよね。若いクセにエロい娘だね』なんて書いてしまったら不謹慎にもほどがあるじゃないですか。 その手の表現を封じられたら、もはや『映画で戯言三昧』としては手足をもがれたも同然ですよ。何をどうやってふざければ良いのやら. 本記事では、 前半で、映画紹介&見どころレビュー 後半で、ネタバレ解説&徹底考察を行います。 目次 1 ウインド. ウインド・リバーの映画を見て驚いた方も多かったと思いますが、物語のストーリーはフィクションではなく実話を基に制作されています。 本作で描かれていたあんな悲惨な事件が現実に起きていたと考えると恐ろしいですが、アメリカ社会の闇の一端を. 出身地 カナダ・オンタリオ州 4. 。本作は極寒地帯という事もあって着ぶくれ状態なのですが、しっかりとサービスショットも披露してくれて幸せになれました。 なお当初はクリス・パイン主演の予定だったそうですよ。しかし彼が主演ではコリーとジェーンとの歳の差が近すぎて、余計なラブ感が漂って下品になってしまった気も。ジェレミー・レナーだからこそ「父と大きくなった娘」のような絆が感じられて良かったのでは.

/13114104 /a644d0a2c /cc755fe0d7c /17701698

Phone:(956) 189-3967 x 8831

Email: info@pvtu.jelika.ru